ホーム > 公演情報, 関西 > 日本伝統音楽研究センター公開講座「京観世の伝統—記録と記憶から聞こえるもの」

日本伝統音楽研究センター公開講座「京観世の伝統—記録と記憶から聞こえるもの」

【日時】2011/02/11(金) 14時〜17時
【公演名】日本伝統音楽研究センター公開講座「京観世の伝統—記録と記憶から聞こえるもの」
【場所】京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA2
(京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1 堀川御池ギャラリー内)
【料金】2,000円
【問合せ】Tel.075-334-2204(京都市立芸術大学企画広報課)

■講演と実演:京観世の伝統
【講演】昭和五十年代の『京観世』取材を通じて(仮題) 
 【講師】羽田昶(能楽研究者)
【講演】記録と記憶のなかの京都の謡
 【講師】五島邦治(京都造形芸術大学客員教授、日本歴史学)
【素謡の実演】井上裕久(観世流能楽師) 吉浪壽晃(観世流能楽師)

■展観 :京観世の伝統:記録と記憶から聞こえてくるもの
 2月5日(土)〜2月13日(日) 
 会場:@KCUA2
 ※11:00〜19:00(最終入館18:45まで)

詳細はこちらをご参照ください。

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*